売るための接待費を用意していたら、赤字でした。(女性/40代)

女性/40代

営業職は売上が給与に直接影響します。

私は元来負けず嫌いで男性に負けるのが悔しく、
モノを売るための交際費・接待費の捻出にはお金を惜しみませんでした。

これが適度なものならよかったのですが、派手な使い方でしたので、支出とともに給与も確かに増大はするのですが、
赤字で、借り入れはどんどんかさんでいきます。

債務総額は年収を大幅に上回りました。600万円ほどです。

延滞による督促の電話、止むことはなく、夫が代わりに対応しています
私はとうとう観念して、弁護士へ相談することを決意しました。

これ以上、家族に迷惑をかけたくなかったからです。先生は、私に対して個人再生を勧められました。

任意整理をするには借金総額が高すぎることと、自己破産してしまうと
子ども学資保険などもストップしてしまいますし、なにより連帯保証人は夫です。破産はできません。

そして、個人再生を勧めていったら、債務が120万円に減額されていました。

過払い金も発生していて、月々の返済が無理のない生活を遅れています。
夫とも一時は少し険悪だったのが、個人再生を行ってからはまた仲良くなれました。

このページの先頭へ